家を持つならメンテナンスフリーの住宅をめざす

家をもつと言うことは土地代や建物代はもちろんですが、その他の維持費も多くかかってきます。実際に自分も家を持ちたいと考えた時にまず予算として考えたのは住宅の新築にかかる費用でした。

 新築の住宅を持つ為に様々なハウスメーカーに出向き住宅のモデルルームを見学させてもらいながら予算内で家をもつことが出来る様に吟味を重ねました。満足のいく注文住宅を完成させるために家そのものの外見や間取り、そして入居後のメンテナンスを考慮した仕様を検討しました。

 家をもつと住宅自体のローンだけでなく、固定資産税や団体信用保険、地震保険や火災保険等の大きな出費がかかってきます。それに加えて実際に新築を建てた後にも数年後、数十年後のメンテナンス費用も大きくかかってきます。しかし注文住宅で先々のことをしっかりと考えてメンテナンスフリーの素材を用いてもらうことで大きな出費を減らすことが出来るのです。新築住宅の屋根や天井は約10年おきに塗り替えや張り替えが必要になってきます。これはどんなに住宅を綺麗に使っていたとしても経年劣化として現れてきます。せっかく満足のいく注文住宅を持つことが出来てもここでメンテナンスを怠ると住宅自体が痛んでしまい、さらに大きな出費を招いてしまいます。しかし新築で注文住宅を建てる際に屋根や壁の素材を検討することでこの約10年おきのメンテナンスを無くしてしまうことが出来るのです。 私は注文住宅を建てる際にハウスメーカーの方の勧めもあり、屋根には積水かわら、外壁には乾式タイルを使用しました。どちらも永年で張り替えや塗り替えが不要の材質です。その為、現在新築してから10年が経ちましたが、周囲がそろそろメンテナンスの準備をする中でのんびりと過ごすことが出来ています。また室内の床にもノンワックスのフローリングを使用しています。通常のフローリングは定期的にワックスがけを行うことで汚れや傷をつきにくくし、艶で見た目も綺麗に保っています。しかしノンワックスフローリングはワックスがけは不要で清掃の時にも、固く絞った雑巾で拭くだけで艶のある綺麗な床を保つことが出来ます。いずれも新築するときには多少のコストはかかりますが、長い目でみると多額にかかるメンテナンス費用を節約することができて、その分住宅ローンの繰り上げ返済やより住みやすい住宅へとリフォームする費用に充てることもできます。

 新築を建てる時には土地や住宅の価格にばかり目が行きがちですが、家を持ち続けると言う長い目で予算を組んでいくことが大切だと思っています。

英会話ノウハウ勉強会 工務店向け集客ノウハウ 生命保険の口コミ.com

生命保険の選び方 クレジットカードの即日発行じゃけん 

おうちの見直ししま専科 健康マニアによる無病ライフ

女性向けエステ.com 注文住宅で暮らすために