パーツ選びは大事な打合せ

多くの人の場合、人生快適に過ごすために、衣食住たりて礼節を知るという事が大切になります。つまり、着る物、つまり服装がきちんとそろっていて、同時に食事に事欠くことなく三度三度の食べ物がきちんと与えられると人間はきちんと振舞いをするといわれています。そして、これらのことに、住である住む場所、つまりマイホームが確立されていると最高のパフォ-マンスが期待されるというのは昔から言われ続けていることになります。だから、人は結婚して、家庭を持つようになると、最初にクリアするべき沢山の課題の中でも「マイホーム」をつくるという事が、重要課題にあげられるのは当然のことになるわけです。

戦後、焼け野原になってしまった日本では国民全員が必死になって働いて、成長時代を迎えるようになったのは世界中にもよく知られている事柄です。その後も順調に、日本は栄えて生きたわけですが、その成長期に、合言葉のようになっていた事柄が幾つかあります。代表的なのは「巨人、大鵬、卵焼き」であり、昭和30年代のころの流行りですが、そこまで古くなくても「いつかはクラウン」とか当時の国民の方向性をよく表した合言葉だと言えるでしょう。同じ流れで「結婚したら、家族の為に早く城を作ろう」「城を作るならば、照明をつけよう。床は磨きあげよう。窓は大きいものをつけよう。家具には舶来のものを用意しよう。職人を使って木造の家を作ろう」というマイホ-ム神話が、国中で語られるようになってきました。多くの住宅メーカーが、それぞれの特色を出すように、様々なメニュ-を用意して、PRするようになりました。特に木造の一戸建てを前面に出して、独特の照明、質感のある床、照度が取れる窓、オリジナル家具を武器に様々なライフスタイルの提案がなされるようになりました。

マンションと異なり戸建て住宅の場合、特に木造住宅の場合、住宅メ-カ-としては他社との差別化がつけやすいこともあり、本当に各メーカーごとに力の入れ方に差が出てきています。平成の時代になってマンションの流れに時代が変わってきても木造に力を入れているメ-カ-が数社あり、令和になってその流れはさらに強くなってきています。結果として、照明は多様化しましたし、床材にも種類が増えて、窓すらシステマテックな部材に変貌するようになりました。木造に合う家具という分野が確実に出来てきており、購買者としては悩むところではあります。これからも、目が離せない流れではあります。