カテゴリー
未分類

注文住宅にして良かったこと

家を建てる時は注文住宅にすると自由に間取りを決めることができ、愛着を持って住みやすくなりました。新築は設備の耐用年数が長くリフォームや修繕などの経費が安くなり、老後の生活を安心して住みやすくなって良かったです。

注文住宅は建売よりも価格が高く新築にすると多くの出費が必要で、住宅ローンを利用して資金を準備しました。家のローンはどうしても返済期間が長くなりますが、金利が低く収入の状況に合わせて返済できて便利でした。

新築の注文住宅はモデルルームを見学すると要望を伝えやすく、スタッフと相談すると家づくりのアドバイスをしてくれました。依頼する時は家族と相談し納得できるように担当者と打ち合わせ、老後の生活を安心して暮らせるように考えたものです。

家を建てる時は目先のことだけでなく老後の生活が重要で、新築の注文住宅を選びました。結局は価格が高くてローンの返済期間が長くなりましたが、家族が満足してくれたため良かったです。