カテゴリー
未分類

注文住宅にするかそれとも建売住宅を買うか

家を新築する場合には、主に2つの方法が有ります。1つは、注文住宅で新築する方法。2つめは、建売住宅から選ぶ方法です。多くの人にとっては、家を新築するのは、一生に一度のことでしょうから、どの方法で家を新築するかは、重要な問題だと思われます。1つめの注文住宅にする場合、営業マンや設計士と直接打ち合わせが出来るので、自分の希望する通りの、或いは、希望に近い、外観や間取りの住宅を建てられる可能性が高くなると思われます。ただし、営業マンや設計士などとの打合せの回数が増えれば、業者側の手間もかかる分、それだけ費用も嵩む様です。また、注文住宅の場合は、家を建てる最初の段階から、写真に収めたりして、家が建っていく過程をチェックすることが出来ます。このことは、業者との間に緊張関係を生むことも含めて、注文住宅にする場合のメリットです。2つめの建売住宅の中から気に入った家を選ぶ場合は、多くの物件を見て回ることで、自分の希望する外観や間取りの家を選ぶことが可能だとは思われますが、注文住宅ほどには、希望を叶えるのは、難しいでしょう。ただ、その分コストは抑えることが出来ます。一方で、建売住宅の場合は、完成品しか見ることができません。目に見えないところは、どんな構造になっていて、どんな材料が使われているか、分からない点は、建売住宅のデメリットと言えます。