カテゴリー
未分類

丈夫な住宅になるようにすること

私はじっくりデザインを考えて家造りをしたのですが少し後悔する点がありました。私は予算が足りなくなりそうだったので、安い材料を使って注文住宅を建ててしまいました。コストが多くかかったとしても、もっと良い材料で注文住宅を建てた方がよかった様な気がしました。私は丈夫な新築にすることが理想だったのですが、土地代が想像以上に必要だったので高い材料を多く使って注文住宅を建てることはできなかったです。やはり安全性が高くて住みやすい新築にしたいのならばケチってはいけないと思いました。また、私は家造りに慣れていないせいで焦って住宅会社を選んでしまいました。私は有名な住宅会社に家造りを依頼したのですが、もっと安く新築の家を建ててくれる住宅会社を選んだ方がお得だったと後悔しました。ただ、造った新築の注文住宅の仕上がりには満足できたので、選んだ住宅会社に大きな不満はなかったです。私は外構工事をお願いすることにしたのですが、意外にコストが必要でした。